Louisiana Mama ・ママ~

2019-10-12
カテゴリトップ>アイテム別検索>ビッグサイズ(BIG SIZE)>シューズ(SHOES)

Red Wing(レッドウィング) 9063 
BECKMAN BOOTS FLAT BOX 
ベックマンブーツ フラット・ボックス 
プレーントゥ、グロコードオンレザーソール 
Teak "Featherstone" 
チーク[フェザーストーン] 
先芯無し/6インチ

品番 9063
レザー チーク[フェザーストーン]
ソール グロコードオンレザーソール
ラスト No.8
サイズ D 6-11
ドレッシング レザークリーナーブーツクリーム
生産国 米国製

品切れしているサイズも取り寄せ(現行モデルのみ)が可能です。
現在品切れしていても数日以内に入荷予定がある場合もございます。

【当店はRED WING(レッドウィング)の正規代理店です】


栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)
STYLE NO. 9063
栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)
1920年代のレッド・ウィング社のカタログでは、先芯の有無が靴の絵型(イラスト)で表現されている。6インチ丈のキャップド・トゥは、28品番中の半分(13品番)が、同じくラウンド・トゥでは6品番の内の1/3に相当する2品番が、先芯の入っていないものだ。
こうした先芯のないブーツは、時代と共に少しずつ減っていったが、レッド・ウィング社のワークブーツでは1960年代辺りまで存在していた。
この時代、先芯のないものは、主にシンプルな構造のラウンド・トゥに見られたが、#877など通常は先芯を入れて作られていたものにも先芯のないものが存在した。これは、先芯無しを好む顧客向けの別注品だったと推察される。
BECKMAN BOOTS
栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)
フラット・ボックス・トゥは「先芯がない」という事だ。
アメリカ英語(靴業界用語)では先芯は「ボックス・トゥ」、靴のつま先スペースが「トゥボックス」。「フラット」は主に「平ら」を意味するが、「無い」という意味もある(例えば、ガス無し=発泡性のない水をフラット・ウォーターと言う)。
1960年代以降は、先芯を入れるのが当たり前という意識が広がり、特に足の保護を重視するワークブーツにおいては、ほぼ全ての靴が先芯を入れて作られる様になり、フラット・ボックスは次第に姿を消していった。
ベックマン・ブーツ「フラット・ボックス」は、本来ベックマン・ブーツの背景となっている古いレッド・ウィングにあった、しかし、今日ではあまり省みられる事のなくなった、フラット・ボックスならではの履き心地と、履きこむ程に沈むつま先形状という経年変化を楽しめるブーツである。
Teak "Featherstone"
栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)
ハイドを1枚ずつ丹念に手作業で検査し、最高の品質を持つしなやかなものだけを選り分ける。抜群の耐久性と美しさを兼ね備えたレザーに仕上がる、高い品質のハイドだけを使うためだ。
ここで全体の約5%にしか相当しない最上の素材が選ばれる。さらに独特の風合いの深みのある革にするため、マスター・タンナーがオイル・ワックス,染料を調合し、松の木でつくられた古いミル(ドラム)にてじっくりと時間をかけてなめされる。
こうして自社タンナーにてなめされて作られた「フェザーストーン」レザーは、レッド・ウィングの特別なレザーなのである。
Gro Cord on Leather Sole
栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)
レッド・ウィングのクラシックドレス・ライン用に、新たに開発・採用されたのがGro Cord on Leather Sole(グロコードソール)だ。グロコードソールはオハイオ州のリマ・コード・ソール&ヒール社が1920年代にレッド・ウィング社のために開発したラバー製のソールである。コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成型し、すべりを防いだ事で、ワークの現場やハンティングのフィールドでの靴の性能を大きく高め、レッド・ウィング社の売り上げに大きく貢献した。1920年代後半には、いくつかのトレッドパターンのものが開発され、その機能の幅を広げた。このグロコードソールが、時代を経て、今日のレッド・ウィングのコルクソール、コードソールへと発展したのだ。
グロコードソールの名を今日の市場に呼び戻すに当たり、1920年代後半に主流であったトレッドパターンを取り入れ、このソールの全盛期の雰囲気を漂わせるクラシックな靴に映えるよう、ラバーの半張りをプリセットしたレザーソールとした。


STAFF COMMENTS

多くの名品を生み出したブーツ界のパイオニア、RedWingの9063です。

先芯のない「フラット・ボックス」のつま先は、靴を履き込むにつれて革が
馴染み変形します。基本的には新品の時には丸みを帯びているつま先が、
次第に平たくなります。
靴の甲に入るシワ等がそうである様に、一つ一つの革の性質の微妙な違い、
靴と足とのフィット、歩き方等によって各々独自の経年変化を楽しめます。

足の実寸26cm、足の幅・甲の高さ共に普通で、サイズUS8(約26cm)で
丁度良かったです。

サイズについては以下を参考にどうぞ。
同じ足のサイズであってもジャストサイズは個人により異なります。
ブーツのサイズを選ぶ際のご参考程度にご覧下さい。

サイズガイド

栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)

栃木県宇都宮のREDWING(レッドウィング)正規代理店 SHOP110(ショップ110)
価格
41,500円 (税込44,820 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
通常2〜6日以内に発送予定※実店舗販売・予約も行っている為売り違いが起こる場合があります
サイズ×在庫
Dワイズ
US6(約24cm)
US6.5(約24.5cm)
US7(約25cm)
US7.5(約25.5cm)
US8(約26cm)
US8.5(約26.5cm)
US9(約27cm)
US9.5(約27.5cm)
US10(約28cm)
US10.5(約28.5cm)
US11(約29cm)
×・・・売り切れ
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く